望月諒子(モチヅキ・リョウコ)

望月諒子

1959(昭和34)年、愛媛県生れ。2001(平成13)年、『神の手』(電子書籍)でデビュー。2011年『大絵画展』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。主な著書に『腐葉土』『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』『ソマリアの海賊』『鱈目講師の恋と呪殺。桜子准教授の考察』『フェルメールの憂鬱 大絵画展』『哄う北斎』などがある。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ