蟻の棲み家(新潮文庫)

望月諒子/著
配信開始日: 2021/10/28
価格:825円(税込)
新潮文庫
ミステリ
作品カナ:アリノスミカシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-103341-9
貧困の連鎖と崩壊した家族から抜け出すために……大どんでん返しの傑作ミステリー開幕。
東京都中野区で、若い女性の遺体が相次いで発見された。二人とも射殺だった。フリーの事件記者の木部美智子は、かねてから追っていた企業恐喝事件と、この連続殺人事件の間に意外なつながりがあることに気がつく。やがて、第三の殺人を予告する脅迫状が届き、事件は大きく動き出す……。貧困の連鎖と崩壊した家族、目をそむけたくなる社会の暗部を、周到な仕掛けでえぐり出す傑作ノワール。(解説・大森望)

関連記事

購入サイト

望月諒子(モチヅキ・リョウコ) プロフィール

1959(昭和34)年、愛媛県生れ。2001(平成13)年、『神の手』(電子書籍)でデビュー。2011年『大絵画展』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。主な著書に『腐葉土』『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』『ソマリアの海賊』『鱈目講師の恋と呪殺。桜子准教授の考察』『フェルメールの憂鬱 大絵画展』『哄う北斎』などがある。

この著者の書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ