ミステリー列車が消えた(新潮文庫)

西村京太郎/著
配信開始日: 2014/09/05
価格:715円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ
作品カナ:ミステリーレッシャガキエタシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-128502-3
全長二五〇メートルに及ぶ列車「ミステリー号」が四〇〇人の乗客ごと姿を消した! 奇想天外なトリックの、傑作鉄道ミステリー。
行き先不明のブルートレイン「ミステリー号」が東京駅を出発したまま消息を絶ってしまった。ほどなく犯人から身代金10億円を要求する連絡が入る。速かに応じない場合は乗客の生命は保証できないという。全長250メートルに及ぶ列車を400名の乗客ごとに誘拐するという前代未聞の犯罪に、国鉄当局・警察は翻弄される。十津川警部の活躍は? 奇想天外なトリックの傑作鉄道ミステリー。

購入サイト

西村京太郎(ニシムラ・キョウタロウ) プロフィール

1930年東京に生れる。1963年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。1965年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、1981年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年に日本ミステリー文学大賞、2010年、長谷川伸賞を受賞。2018年、デビュー55周年&十津川警部登場45周年を迎えた。2019年、吉川英治文庫賞を受賞。著作600冊を超え、なお精力的な活躍をつづける、トラベルミステリーの第一人者。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ