隠花平原(下)(新潮文庫)

松本清張/著
配信開始日: 2012/08/01
価格:660円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ サスペンス
作品カナ:インカヘイゲン02シンチョウブンコ
シリーズ名: 隠花平原
紙書籍ISBN:978-4-10-110968-8
社会の暗部を暴くサスペンス長編! 驚くべき義兄の出生の秘密。知りすぎた弟は、連続殺人事件に巻き込まれ――。
大作絵画の制作依頼を受けて赴いた真鶴の教団本部で、奇しくもあの謎の男と邂逅、男の眼許に義兄の面影を見た山辺修二は、義兄の出生の秘密を探り始める。意外な事実が明らかとなるにつれ、事件は更に惨劇の輪を広げた……。社会の底辺に蠢く人間の深い怨嗟を見据え、家と土地を餌に信者を呼ぶ新興宗教や、銀行融資の不正疑惑など、恐るべき予見に満ちた、巨匠最盛期の意欲的長篇。

購入サイト

松本清張(マツモト・セイチョウ) プロフィール

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

サスペンスのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ