遭難者の夢―家族狩り 第二部―(新潮文庫)

天童荒太/著
配信開始日: 2021/01/15
価格:572円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ
作品カナ:ソウナンシャノユメカゾクガリダイニブシンチョウブンコ
シリーズ名: 家族狩り
紙書籍ISBN:978-4-10-145713-0
かつての恋人、今も疼く傷跡。自らの過去に追われる男と女。あなたの心に生き続ける新たな名篇、第二幕。
あの日の光景をふり払おうと酒に溺れていた浚介は、さらなる痛みを味わう。游子は少女をめぐり、その父親と衝突する。亜衣は心の拠り所を失い、摂食障害から抜け出せずにいる。平穏な日々は既に終わりを告げていた。そして、麻生家の事件を捜査していた馬見原は、男がふたたび野に放たれたことを知る。自らの手で家庭を破壊した油井善博が――。過去と現在が火花を散らす第二部。

関連記事

購入サイト

天童荒太(テンドウ・アラタ) プロフィール

1960(昭和35)年、愛媛県生れ。1986年、「白の家族」で野性時代新人文学賞を受賞。映画の原作、脚本を手がけたのち、1993(平成5)年、『孤独の歌声』が日本推理サスペンス大賞優秀作となる。1996年、『家族狩り』で山本周五郎賞を受賞。2000年、『永遠の仔』で日本推理作家協会賞を受賞。2009年、『悼む人』で直木賞を受賞。2013年、『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞する。他に『あふれた愛』『包帯クラブ』『静人日記』『ムーンナイト・ダイバー』『ペインレス』『巡礼の家』『迷子のままで』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ