日日平安(新潮文庫)

山本周五郎/著
配信開始日: 2008/02/08
価格:693円(税込)
新潮文庫
時代小説 ユーモア小説 文芸一般
作品カナ:ニチニチヘイアンシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-113409-3
織田裕二主演の映画『椿三十郎』の原作「日日平安」を収録。“切腹のマネ”をして飯を食わしてもらうはずの浪人が藩の騒動に巻きこまれ……
織田裕二主演の映画『椿三十郎』の原作「日日平安」を収録。無一文の浪人・菅田は、“切腹のマネ”をして通りすがりの男に飯を乞うがあえなく失敗……。しかし、この通りすがりの男、なにやら騒動を抱えている。聞くと、仲間9人で悪徳政治を行う家老らへの斬り込みを企てていた。これはいいツルだ……!! 菅田は仲間入りを志願。狙うはもちろん礼金! だったのだが……。無一文の空腹浪人の活躍をユーモラスに描く表題作をはじめ、ヒューマニズムあふれる名作全11編。「粋」が伝わってくる、時代小説初心者にもオススメの一冊!

購入サイト

山本周五郎(ヤマモト・シュウゴロウ) プロフィール

(1903-1967)山梨県生れ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年「須磨寺附近」が「文藝春秋」に掲載され、文壇出世作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を固辞。以後、「柳橋物語」「寝ぼけ署長」「栄花物語」「樅ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「五瓣の椿」「青べか物語」「虚空遍歴」「季節のない街」「さぶ」「ながい坂」と死の直前まで途切れなく傑作を発表し続けた。

この著者の書籍

時代小説のおすすめ書籍

ユーモア小説のおすすめ書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ