ねこのばば(新潮文庫)

畠中恵/著
配信開始日: 2020/04/03
価格:605円(税込)
新潮文庫
文芸一般 時代小説 ファンタジー
作品カナ:ネコノババシンチョウブンコ
シリーズ名: しゃばけ
紙書籍ISBN:978-4-10-146123-6
於りんちゃんが殺される? わ、わ、若だんな、どうしましょう!!! シリーズ第3弾。
お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって? すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも……(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第3弾の、始まり始まり!(解説・末國善己)

購入サイト

畠中恵(ハタケナカ・メグミ) プロフィール

高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。また2016(平成28)年、「しゃばけ」シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞する。他に「まんまこと」シリーズ、「若様組」シリーズ、「つくもがみ」シリーズ、『アコギなのかリッパなのか』『ちょちょら』『けさくしゃ』『うずら大名』『まことの華姫』『わが殿』『猫君』『御坊日々』などの作品がある。また、エッセイ集に『つくも神さん、お茶ください』がある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

時代小説のおすすめ書籍

ファンタジーのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ