南紀新宮・徐福伝説の殺人(新潮文庫)

西村京太郎/著
配信開始日: 2015/08/21
価格:539円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ
作品カナ:ナンキシングウジョフクデンセツノサツジンシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-128529-0
徐福研究家殺人事件の容疑者を追い、十津川警部は南紀新宮に。長編トラベルミステリー。
二千年以上も昔、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて旅立った徐福。在野の徐福研究家である観光会社の社長が、東京のホテルの一室で殺害された。十津川警部は、現場から姿を消した、徐福研究の第一人者で大学准教授の木村修を追って、「特急ワイドビュー南紀」で、徐福上陸伝説の残る南紀新宮へ向かう。古代の伝説に隠された秘密に十津川警部が挑む、長編トラベルミステリー。

購入サイト

西村京太郎(ニシムラ・キョウタロウ) プロフィール

(1930-2022)1930(昭和5)年、東京生れ。1963年『歪んだ朝』で「オール讀物」推理小説新人賞、1965年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞をそれぞれ受賞。1981年に『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞する。2004(平成16)年には日本ミステリー文学大賞を、2019年には「十津川警部」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞した。鉄道ミステリー、トラベルミステリーに新境地をひらき、常に読書界の話題をさらうベストセラーを生み出している。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ