貘の檻(新潮文庫)

道尾秀介/著
配信開始日: 2017/06/16
価格:869円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ
作品カナ:バクノオリシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-135556-6
この悪夢から、抜け出せるか――。道尾秀介史上最強&最驚の長編ミステリー!
1年前に離婚した大槇(おおまき)辰男は、息子・俊也(しゅんや)との面会の帰り、かつて故郷のO村に住んでいた曾木美禰子(そぎみねこ)を駅で見かける。32年前、父に殺されたはずの女が、なぜ――。だが次の瞬間、彼女は電車に撥ねられ、命を落とす。辰男は俊也を連れてO村を訪れることを決意。しかしその夜、最初の悪夢が……。薬物、写真、地下水路。昏(くら)い迷宮を彷徨(さまよ)い辿り着く、驚愕のラスト。道尾史上最驚の長編ミステリー!

関連記事

購入サイト

道尾秀介(ミチオ・シュウスケ) プロフィール

1975年、東京都出身。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、作家としてデビュー。2007年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、2009年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞を受賞。2010年『龍神の雨』で大藪春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞を受賞する。2011年『月と蟹』で直木賞を受賞。『向日葵の咲かない夏』(新潮文庫版)はミリオンセラーに。独特の世界観で小説表現の可能性を追求し、ジャンルを超越した作品を次々に発表している。近著に『貘の檻』『満月の泥枕』『風神の手』『スケルトン・キー』『いけない』『カエルの小指』などの作品がある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ