電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集

宮部みゆき/著
配信開始日: 2019/12/06
価格:1,078円(税込)
電子オリジナル
文芸一般
作品カナ:デンシショセキゲンテイバンミヤベミユキヨリスグリタンペンシュウ
ついに、宮部みゆきの小説が電子書籍で読める!! 著者初の傑作短篇集、電子オリジナルで登場!
傑作は、いつ読んでも、何度読んでも素晴らしい――。収録作はあらゆるジャンルを網羅した「サボテンの花」「雪娘」「10年計画」「朽ちてゆくまで」「たった一人」「邪恋」「ばんば憑き」「片葉の芦」「神無月」「地下街の雨」「淋しい狩人」「刑事の財布」の計12篇。初心者は納得の、ファンには目から鱗な読みどころポイントを押さえた全作品解説付。

購入サイト

宮部みゆき(ミヤベ・ミユキ) プロフィール

1960(昭和35)年、東京生れ。1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。1989(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。1993年『火車』で山本周五郎賞を受賞。1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。1999年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、2002年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『この世の春』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

電子オリジナルのおすすめ書籍

ページの先頭へ