妻と女の間(上)(新潮文庫)

瀬戸内寂聴/著
配信開始日: 2003/11/07
価格:781円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ツマトオンナノアイダ01シンチョウブンコ
シリーズ名: 妻と女の間
紙書籍ISBN:978-4-10-114404-7
未亡人は年下の男との恋に溺れ、彼女の娘は母の恋人に片想い、夫の浮気に悩む妻と刺激を求める妻など5人の女たちの恋愛模様。
年下の研一の積極的な愛に、自らも惑溺していく未亡人安澄と、研一に思慕を寄せながら、母との秘密を知って衝撃を受ける娘耀子。夫の浮気に悩む優子と妻としての安穏な生活にあきたりない乃利子。そして妻子ある男との恋に奔る英子。――恋に悩み愛に苦しむ女たちの内面の屈折と感情の交錯を描きつつ、既成の枠ぐみに縛られない現代の愛と性を摸索して、読者の深い共感を誘う長編。

購入サイト

瀬戸内寂聴(セトウチ・ジャクチョウ) プロフィール

(1922-2021)徳島県生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲(チュイアイリン)」で新潮社同人雑誌賞受賞。1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。1992(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年に『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。2006年、文化勲章を受章。著書に『比叡』『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』『現代語訳源氏物語』『秘花』『爛』『わかれ』『いのち』など多数。2002年『瀬戸内寂聴全集』(第一期)が完結。2022(令和4)年、第二期が刊行される。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ