妻と女の間(下)(新潮文庫)

瀬戸内寂聴/著
配信開始日: 2003/11/07
価格:781円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ツマトオンナノアイダ02シンチョウブンコ
シリーズ名: 妻と女の間
紙書籍ISBN:978-4-10-114405-4
体の奥底から溢れ出る愛と性の衝動に揺りうごかされて生きる女たちの歓びと痛み、心の顫えを、精妙な筆致で浮き彫りにする。
夫と子供との単調な日々に、何とはなしの不安と焦躁を感じる乃利子は、投稿を通じて知った雑誌記者との情事に奔る。英子は囲われものとしての生活に疑問を抱きはじめ、優子は浮気な夫との離婚を決意するが……。体の奥底から溢れ出るような愛と性の衝動に揺りうごかされて生きる女たちの歓びと痛み、心の顫えを、精妙な筆致で浮き彫りにして、愛とは何か、結婚とは何かを問いかける。

購入サイト

瀬戸内寂聴(セトウチ・ジャクチョウ) プロフィール

(1922-2021)1922年、徳島県生れ。東京女子大学卒。1957(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。1992(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年に『風景』で泉鏡花文学賞、2018年『句集 ひとり』で星野立子賞を受賞。2006年、文化勲章を受章。著書に『比叡』『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』『現代語訳 源氏物語』『秘花』『爛』『わかれ』『いのち』など多数。2001年より『瀬戸内寂聴全集』(第一期全20巻)が刊行され、2022(令和4)年に同全集第二期(全5巻)が完結。2021年11月9日99歳で逝去。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ