秋葉原通り魔殺人事件 なぜ男には敵が見えないのか(新潮45 eBooklet 事件編13)

中村うさぎ/著
配信開始日: 2010/01/15
価格:220円(税込)
新潮45eBooklet
ノンフィクション一般 ドキュメンタリー 社会 人文・社会
作品カナ:アキハバラトオリマサツジンジケンナゼオトコニハテキガミエナイノカシンチョウ45イーブックレット
「無差別殺人」を犯すのは男性ばかり。狂気の刃が、憎悪したはずの親や会社や同僚に向かわないのはなぜ?
「無差別殺人」を犯すのは、圧倒的に男性が多い。犯人は結局、本当は誰を殺したかったのだろう? 殺したいほど憎い相手が、何故、特定できないのか? 秋葉原通り魔殺人事件の犯人の、ほんとうの「敵」はどこにいたのか。じつは、『東奥日報』が報じた、犯人の文集の「謎の一文」に、彼の「気持ち」が隠されていた……男性無差別殺人犯の「不可解な動機」を、女性ならではの視点で解き明かす!

購入サイト

中村うさぎ(ナカムラ・ウサギ) プロフィール

1958(昭和33)年福岡県生まれ。同志社大学文学部英文科卒。OL、コピーライターを経て、ジュニア小説デビュー作『ゴクドーくん漫遊記』がベストセラーに。その後、壮絶な買い物依存症の日々を赤裸々に描いた「週刊文春」連載コラム「ショッピングの女王」がブレイクする。著書に、『女という病』『私という病』『愛という病』『狂人失格』『セックス放浪記』『うさぎとマツコの往復書簡』(マツコ・デラックス氏との共著)『聖書を語る』(佐藤優氏との共著)『あとは死ぬだけ』など。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

ドキュメンタリーのおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

人文・社会のおすすめ書籍

新潮45eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ