花に眩む(R-18文学賞eBooklet)

彩瀬まる/著
配信開始日: 2010/11/05
価格:220円(税込)
R-18文学賞eBooklet
官能小説 恋愛・ロマンス ファンタジー 文芸一般
作品カナ:ハナニクラム
私の肌には赤い花が咲く。彼女と出会った夜も、彼の去った朝も――。独特の世界観で描かれる、第9回R-18文学賞読者賞受賞作。
私の肌には赤い花が咲く。彼女と出会った夜も、彼の去った朝も――。出会った次の日、しまは私のアパートに転がり込んできた。しまといると、まっすぐに求められる。しまに求められると、なにもかもを叶えてあげたくなる……。大好きな高臣さんには、しまが来てから、一週間も電話をかけていなかった。この人におやすみを言って貰わなければ眠れなかったのに。でも高臣さんの低く甘い声を聞くと、途端に、ど、と体の内側があたたかく濡れた。かきまぜられたときのあの感覚を思い出して……独特の世界観で描かれる、第9回R-18文学賞読者賞受賞作。

購入サイト

彩瀬まる(アヤセ・マル) プロフィール

1986年千葉県生れ。上智大学文学部卒。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『やがて海へと届く』『朝が来るまでそばにいる』『くちなし』『森があふれる』『まだ温かい鍋を抱いておやすみ』など。五感を刺激する柔らかでうつくしい文章と、どんな境遇の人にも寄り添う平らかな視点から紡がれる物語で読者を魅了。他に東日本大震災の被災記『暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出―』がある。

この著者の書籍

官能小説のおすすめ書籍

恋愛・ロマンスのおすすめ書籍

ファンタジーのおすすめ書籍

文芸一般のおすすめ書籍

R-18文学賞eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ