ミクマリ(R-18文学賞eBooklet)

窪美澄/著
配信開始日: 2009/08/14
価格:220円(税込)
R-18文学賞eBooklet
官能小説 恋愛・ロマンス 文芸一般
作品カナ:ミクマリ
コミケでナンパされて以来、おれはあんずとやりまくっている。コスプレをして、あんずの書いた台本どおりに――。第8回R-18文学賞大賞受賞作。
「ぁああああ、むらまささま、もうだめですぅ、いきますぅ」――あんずにナンパされたのは、高校に入ってすぐ、友だちに無理矢理連れて行かれたコミケで。あんずはおれよりも十二歳も年上で、結婚もしていた。以来、学校が終わると週に1、2回はこの部屋に来て、やりまくっている。「なにかのアニメのなんとかという役」のコスプレをして。あんずが書いた台本どおりに。それがあんずの条件なのだ……。男子高校生の目線で描かれる性と生の物語。第8回R-18文学賞大賞受賞作。

購入サイト

窪美澄(クボ・ミスミ) プロフィール

1965(昭和40)年、東京生まれ。2009(平成21)年「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞。受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』が、本の雑誌が選ぶ2010年度ベスト10第1位、2011年本屋大賞第2位に選ばれる。また同年、同書で山本周五郎賞を受賞。2012年、第二作『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞を受賞。2019(令和元)年、『トリニティ』で織田作之助賞を受賞。その他の著作に『アニバーサリー』『よるのふくらみ』『水やりはいつも深夜だけど』『やめるときも、すこやかなるときも』『じっと手を見る』『私は女になりたい』『朔が満ちる』などがある。

この著者の書籍

官能小説のおすすめ書籍

恋愛・ロマンスのおすすめ書籍

文芸一般のおすすめ書籍

R-18文学賞eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ