ポルノグラフィア・ファンタスティカ-七つの甘い吐息

鹿島茂/著
配信開始日: 2008/11/07
価格:220円(税込)
電子オリジナル
文芸一般 官能小説
作品カナ:ポルノグラフィアファンタスティカナナツノアマイトイキ
シリーズ名: 七つの甘い吐息
ようこそエロスの王国へ。あらゆる欲望を奔放に解き放つ、新潮文庫『七つの甘い吐息』所収の傑作官能小説。
豊かすぎる胸は熱く火照り、女の口元から洩れる苦しげな喘ぎ声は、いつしか官能に打ち震える歓喜の甘い吐息に変わった――。男と女が肉体を重ねて、互いの欲望をぶつけ合う。身体の芯が疼き、快楽に蕩けていく。ようこそエロスの王国へ。あらゆる欲望を奔放に解き放つ、新潮文庫『七つの甘い吐息』所収の傑作官能小説。

購入サイト

鹿島茂(カシマ・シゲル) プロフィール

1949年、神奈川県生れ。フランス文学者、評論家、作家。明治大学教授。1991年に『馬車が買いたい!』(白水社)でサントリー学芸賞、2000年『職業別パリ風俗』(白水社)で第51回読売文学賞など受賞歴多数。2017年、書評アーカイブサイトALL REVIEWS(https://allreviews.jp)を開設。近刊に「失われたパリの復元ーバルザックの時代の街を歩くー』(新潮社)など。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

官能小説のおすすめ書籍

電子オリジナルのおすすめ書籍

ページの先頭へ