長崎乱楽坂

吉田修一/著
配信開始日: 2008/05/01
価格:440円(税込)
単行本
作品カナ:ナガサキランラクザカ
紙書籍ISBN:978-4-10-462802-5
父親を亡くした幼い兄弟。引き取られたのは、極道の家。地方ヤクザの栄光と没落のなかで、健気な幼心の成長を描きだす力作長編。
風呂上りの火照った肌に鮮やかな刺青を躍らせた猛々しい男たちが、下穿き一つで集い、日々酒盛りに明け暮れる三村の家。人面獣心の荒くれどもの棲む大家族に育った幼い駿は、ある日、若い衆が女たちを連れ込んでは淫蕩にふける古びた離れの家の一隅に、幽霊がいるのに気づくのだった。湾の見える町に根を下ろす、昭和後期の地方侠家の栄光と没落のなかに、繊細な心の成長を追う力作長編。

購入サイト

吉田修一(ヨシダ・シュウイチ) プロフィール

長崎県生まれ。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し、デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。2007年『悪人』で第34回大佛次郎賞と第61回毎日出版文化賞を受賞。2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第14回中央公論文芸賞を受賞した。2016年より芥川賞選考委員を務める。

この著者の書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ