家康の女軍師(新潮文庫)

近衛龍春/著
配信開始日: 2021/12/23
価格:825円(税込)
新潮文庫
文芸一般 時代小説 歴史小説−近世
作品カナ:イエヤスノオンナグンシシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-100453-2
商家の女番頭から、家康の腹心になった実在の女傑がいた! 三度の大戦に参陣した驚異の生涯!
家康の側室於奈津は、鎧姿で関ヶ原の戦場に立った。将軍の女影武者・軍師として戦況を見極めつつ、「お屋形様の本気を」と鼓舞。小早川秀秋へ問い鉄砲を仕掛けさせる――。この女傑、元は商家の女番頭。持ち前の機転で家康の心を摑み、物事に動じぬ良き相談相手となった。大坂冬夏の陣にも参陣し、真田信繁とも対峙。今は徳川家の菩提寺に眠る波瀾の生涯を描く。『将軍家康の女影武者』改題。(解説・末國善己)

購入サイト

近衛龍春(コノエ・タツハル) プロフィール

1964(昭和39)年生れ。大学卒業後、オートバイレースに没頭。通信会社勤務、フリーライターを経て『時空の覇王』でデビュー。著書に、『九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義』『忍びたちの本能寺』『家康の女軍師』『伊達の企て』『長宗我部 最後の戦い』『裏切りの関ヶ原』『毛利は残った』『上杉三郎景虎』『南部は沈まず』『忠義に死す 島津豊久』などがある。丹念に史実を掘り起し、物語に仕上げる手腕が高く評価されている。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

時代小説のおすすめ書籍

歴史小説−近世のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ