高田崇史(タカダ・タカフミ)

高田崇史

1958(昭和33)年東京都生れ。明治薬科大学卒。1998(平成10)年『QED百人一首の呪』でメフィスト賞を受賞し、作家デビュー。数々の作品にて、独自の歴史、宗教的考察を展開し、ミステリ界の注目を集める。QED及び関連シリーズは、200万部を超えるベストセラーとなっている。近著に、『神の時空 前紀 女神の功罪』『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』『鬼門の将軍』『卑弥呼の葬祭』『源平の怨霊』などがある。

書籍一覧

関連記事

ページの先頭へ