新・堕落論―我欲と天罰―(新潮新書)

石原慎太郎/著
配信開始日: 2012/01/27
価格:660円(税込)
新潮新書
ノンフィクション一般 社会 政治
作品カナ:シンダラクロンガヨクトテンバツシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610426-8
国難の超克は、ここから始まる。日本への「遺書」――。
列島を揺るがせた未曾有の震災と、終わりの見えない原発事故への不安。今、この国が立ち直れるか否かは、国民一人ひとりが、人間としてまっとうな物の考え方を取り戻せるかどうかにかかっている。アメリカに追従し、あてがい扶持の平和に甘えつづけた戦後六十五年余、今こそ「平和の毒」と「仮想と虚妄」から脱する時である――深い人間洞察を湛えた痛烈なる「遺書」。

購入サイト

石原慎太郎(イシハラ・シンタロウ) プロフィール

1932(昭和7)年神戸市生まれ。一橋大学在学中に「太陽の季節」で芥川賞を受賞。1968年に参議院議員に当選し、その後衆議院議員として環境庁長官、運輸大臣などを歴任した。1999年に東京都知事に就任、四選をはたす。『国家なる幻影』『弟』『火の島』など著書多数。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

政治のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ