「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

押川剛/著
配信開始日: 2015/12/25
価格:605円(税込)
新潮文庫
ノンフィクション一般
作品カナ:コドモヲコロシテクダサイトイウオヤタチシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-126761-6
ゴミ屋敷に住む娘、親に刃物を振るう息子……。衝撃の事例から見えてきたこととは。
自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘……。究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する。現代人必読、衝撃のノンフィクション。

購入サイト

押川剛(オシカワ・タケシ) プロフィール

1968(昭和43)年、福岡県生れ。専修大学中退。1992(平成4)年、トキワ警備(現・トキワ精神保健事務所)を創業。1996年より精神障害者移送サービスに業務を集中。強制拘束を否定し、対話と説得によって患者を医療につなげるスタイルを確立。これまでに移送した患者は1000人を超え、2002年以降は、自立・更生支援にも携わっている。またジャーナリストとしてもTVの報道番組や論壇誌等で活躍中。『「子供を殺してください」という親たち』『子供部屋に入れない親たち』『なんで隠すの?』『「愛」というとるが』『心配はいらない、必ず生きる道はある』等著書多数。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ