思い出コロッケ(新潮文庫)

諸田玲子/著
配信開始日: 2016/09/02
価格:594円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:オモイデコロッケシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-119433-2
向田邦子に捧ぐ。愛と笑いが食卓を包んでいたあの頃――。昭和の残り香漂う作品集。
美人でもなく、賢そうでも若くもない女に惹かれ、家を出た夫。あの人となら暖かい家庭を築けると思ったのに、なぜ──。知人の電話から、夫婦関係の冷たさを思い知る(「コロッケ」)。不倫に疲れ、帰省した先で出会った事件から、まっとうな家族の温かさと女の独り身の侘びしさに気づかされる(「黒豆」)。昭和を舞台に大人の恋、男女の情愛、そして家族の真実を描いた静謐な七篇。

購入サイト

諸田玲子(モロタ・レイコ) プロフィール

1954年、静岡県生まれ。1996年、『眩惑』で小説家デビュー。2003年、『其の一日』で吉川英治文学新人賞、2007年、『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、2012年、『四十八人目の忠臣』で歴史時代作家クラブ賞、2018年、『今ひとたびの、和泉式部』で親鸞賞を受賞。著書に『お鳥見女房』『あくじゃれ瓢六』『狸穴あいあい坂』の連作シリーズのほか、『遊女のあと』『炎天の雪』『思い出コロッケ』『闇の峠』『女だてら』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ