浮浪児1945-―戦争が生んだ子供たち―(新潮文庫)

石井光太/著
配信開始日: 2018/01/19
価格:649円(税込)
新潮文庫
ノンフィクション一般
作品カナ:フロウジ1945センソウガウンダコドモタチシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-132537-8
残された資料と当事者の証言から、戦後史の闇に葬られた元浮浪児たちの過酷な人生を追う。
1945年の終戦直後、焦土と化した東京では、家も家族もなくした浮浪児が野に放り出されていた。その数、全国で3万以上。金もなければ食べ物もない。物乞い、窃盗、スリ……生きるためにあらゆることをした。時に野良犬を殺して食べ、握り飯一個と引き換えに体を売ってまで――。残された資料と当事者の証言から、元浮浪児の十字架を背負った者たちの人生を追う。戦後裏面史に切り込む問題作。

関連記事

購入サイト

石井光太(イシイ・コウタ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。2021(令和3)年『こどもホスピスの奇跡』で新潮ドキュメント賞を受賞。主な著書に『遺体 震災、津波の果てに』『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』『ルポ 誰が国語力を殺すのか』などがある。また『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える』など児童書も多い。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ