ブラック オア ホワイト(新潮文庫)

浅田次郎/著
配信開始日: 2018/04/20
価格:693円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ブラックオアホワイトシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-101928-4
人生の岐路に直面するたびに現れる二つの枕。黒い枕と白い枕で見る夢、どちらを択ぶ?
「どうぞお試しくださいませ。ブラック・オア・ホワイト?」スイスの湖畔のホテルで、バトラーが差し出した二つの枕。パラオ、ジャイプール、北京、そして京都。エリート商社マンに人生の転機が訪れる度に、黒と白の枕が現れる。悪夢、それとも美しい夢。それは、実現しなかった人生の一部分なのか。夢と現(うつつ)の境は曖昧になり、夢が現実を呑み込んでいく。現代日本の実像に迫る、渾身の長編小説。

関連記事

購入サイト

浅田次郎(アサダ・ジロウ) プロフィール

1951(昭和26)年、東京生れ。1995(平成7)年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2007年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で大佛次郎賞をそれぞれ受賞した。『蒼穹の昴』『椿山課長の七日間』『薔薇盗人』『憑神』『夕映え天使』『赤猫異聞』など多彩な作品があり、幅広い読者を獲得している。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ