遺体―震災、津波の果てに―(新潮文庫)

石井光太/著
配信開始日: 2019/01/25
価格:605円(税込)
新潮文庫
ノンフィクション一般
作品カナ:イタイシンサイツナミノハテニシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-132534-7
遺された者は、悲しみ戸惑うことすら許されなかった。東日本大震災から3年。遺体安置所の極限状態を綴った渾身のルポルタージュ。
あの日、3月11日。三陸の港町釜石は海の底に沈んだ。安置所に運び込まれる多くの遺体。遺された者たちは懸命に身元確認作業にのぞむ。幼い我が子が眼前で津波にのまれた母親。冷たくなった友人……。悲しみの底に引きずり込まれそうになりながらも、犠牲者を家族のもとへ帰したい一心で現実を直視し、死者の尊厳を守り抜く。知られざる震災の真実を描いた渾身のルポルタージュ。

関連記事

購入サイト

石井光太(イシイ・コウタ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。2021(令和3)年『こどもホスピスの奇跡』で新潮ドキュメント賞を受賞。主な著書に『遺体 震災、津波の果てに』『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』『ルポ 誰が国語力を殺すのか』などがある。また『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える』など児童書も多い。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ