路地の子(新潮文庫)

上原善広/著
配信開始日: 2020/08/07
価格:649円(税込)
新潮文庫
ノンフィクション一般
作品カナ:ロジノコシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-120687-5
一匹狼として食肉業界を伸し上がった男。大宅賞作家が描く激動の人生!
昭和39年、大阪――。中学三年生の龍造少年は学校にはいかず、自らの腕だけを頼りに、天職と信じた食肉の道へと歩み始めた。時に暴力も辞さない「突破者(とっぱもん)」と恐れられ、利権団体や共産党、右翼やヤクザと渡り合いながら食肉業界を伸し上がった一匹狼――。時代の波に激しく翻弄されながら、懸命に「路地の人生」を生き抜いた人々の姿を、大宅賞作家が活写した、狂おしいほどに劇的な物語。

購入サイト

上原善広(ウエハラ・ヨシヒロ) プロフィール

1973(昭和48)年、大阪府生れ。大阪体育大学卒業後、ノンフィクション作家となる。2010(平成22)年、『日本の路地を旅する』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。主な著書に『被差別の食卓』『聖路加病院訪問看護科 11人のナースたち』『異形の日本人』『私家版 差別語辞典』『異邦人 世界の辺境を旅する』『被差別のグルメ』『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』『発掘狂騒史 「岩宿」から「神の手」まで』『差別と教育と私』『カナダ 歴史街道をゆく』『辺境の路地へ』『断薬記 私がうつ病の薬をやめた理由』などがある。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ