未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命―(新潮選書)

片山杜秀/著
配信開始日: 2012/11/23
価格:1,320円(税込)
新潮選書
歴史学 日本史
作品カナ:ミカンノファシズムモタザルクニニホンノウンメイシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603705-4
昭和の軍人たちは何を考え、一九四五年の滅亡へと至ったのか。
天皇陛下万歳! 大正から昭和の敗戦へ――時代が下れば下るほど、近代化が進展すればするほど、日本人はなぜ神がかっていったのか? 皇道派vs.統制派、世界最終戦論、総力戦体制、そして一億玉砕……。第一次世界大戦に衝撃を受けた軍人たちの戦争哲学を読み解き、近代日本のアイロニカルな運命を一気に描き出す。

関連記事

購入サイト

片山杜秀(カタヤマ・モリヒデ) プロフィール

1963年仙台市生まれ。政治思想史研究者、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。『音盤考現学』および『音盤博物誌』で吉田秀和賞、サントリー学芸賞を受賞。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。著書に『近代日本の右翼思想』『国の死に方』『クラシックの核心』『見果てぬ日本』『鬼子の歌』『ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる』『皇国史観』等、共著に『平成史』等がある。

この著者の書籍

歴史学のおすすめ書籍

日本史のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ