進化論はいかに進化したか(新潮選書)

更科功/著
配信開始日: 2019/07/12
価格:1,430円(税込)
新潮選書
生物学
作品カナ:シンカロンハイカニシンカシタカシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603836-5
ダーウィンのどこが正しく、何が間違いだったのか?
『種の起源』が出版されたのは160年前、日本では幕末のことである。ダーウィンが進化論の礎を築いたことは間違いないが、今でも通用することと、誤りとがある。それゆえ、進化論の歩みを誤解している人は意外に多い。生物進化に詳しい気鋭の古生物学者が、改めてダーウィンの説を整理し、進化論の発展を明らかにする。

関連記事

購入サイト

更科功(サラシナ・イサオ) プロフィール

1961年、東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。民間企業を経て大学に戻り、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。専門は分子古生物学。2019年1月現在、東京大学総合研究博物館研究事業協力者、明治大学・立教大学兼任講師。『化石の分子生物学――生命進化の謎を解く』(講談社現代新書)で、第29回講談社科学出版賞を受賞。著書に、『宇宙からいかにヒトは生まれたか』(新潮選書)、『爆発的進化論』(新潮新書)、『絶滅の人類史――なぜ「私たち」が生き延びたのか』(NHK出版新書)など。

この著者の書籍

生物学のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ