高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想―(新潮選書)

佐藤優/著
配信開始日: 2018/11/09
価格:1,672円(税込)
新潮選書
哲学・思想
作品カナ:タカバタケモトユキノボウレイアルコッカシャカイシュギシャノキケンナシソウシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603826-6
『資本論』を読み抜いた知性が示す、「国家」と「人間」の危うい本質。
『資本論』を日本で初めて翻訳した言論人・高畠素之はマルクス主義の欠点に気づき国家社会主義へと走った。それはなぜか。キリスト教を棄て、性悪説を唱えた不世出の知性が現代に突きつける民主主義・資本主義の陥穽と、暴力装置としての国家の本質とは。高畠に強く影響を受けた著者が危機の時代に向けて放つ「警世の書」。

関連記事

購入サイト

佐藤優(サトウ・マサル) プロフィール

1960(昭和35)年生れ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英日本国大使館、ロシア連邦日本国大使館などを経て、1995(平成7)年から外務本省国際情報局分析第一課に勤務。2002年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。2005年2月執行猶予付き有罪判決を受け2013年執行猶予期間を満了。2005年『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。主な著書に『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞)、『日米開戦の真実―大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く―』『獄中記』『国家の謀略』『インテリジェンス人間論』『交渉術』『いま生きる「資本論」』『いま生きる階級論』『高畠素之の亡霊』『新世紀「コロナ後」を生き抜く』などがある。

この著者の書籍

哲学・思想のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ