新着 指揮官たちの第二次大戦―素顔の将帥列伝―(新潮選書)

大木毅/著
配信開始日: 2022/05/25
価格:1,650円(税込)
新潮選書
ノンフィクション一般 歴史学 伝記・人物伝
作品カナ:シキカンタチノダイニジタイセンスガオノショウスイレツデンシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603880-8
南雲は、デーニッツは、そしてパットンは、本当に「名将」だったのか?
猛将、賢将、凡将、愚将――。大戦をリードした参戦各国の指揮官たちにつきまとう「評価」は、本当に正しいものなのか。戦後永らく日本を支配してきた俗説を排し、日進月歩の最新研究に基づいて明かされる、将軍たちの知られざる言動と意外な横顔。戦後七十七年、ついに登場した『独ソ戦』の著者による軍人評伝の決定版!

購入サイト

大木毅(オオキ・タケシ) プロフィール

1961年東京生まれ。現代史家。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。防衛省防衛研究所講師、陸上自衛隊幹部学校講師等を経て著述に専念。雑誌「歴史と人物」の編集に携わり、旧帝国軍人を多数取材。『独ソ戦』(岩波新書)で「新書大賞2020」大賞を受賞。著書に『第二次大戦の〈分岐点〉』(作品社)、『「砂漠の狐」ロンメル』『「太平洋の巨鷲」山本五十六』、共著に『帝国軍人』(いずれも角川新書)など。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

歴史学のおすすめ書籍

伝記・人物伝のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ