斜陽(新潮文庫)

太宰治/著
配信開始日: 2008/05/01
価格:363円(税込)
新潮文庫
文芸一般 近代文学
作品カナ:シャヨウシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-100602-4
「僕は恥ずかしさのために死にそうです」。カッコよく、堕ちていくのも悪くない。太宰ブンガクの代表作。
最後の貴婦人である母、破滅への衝動を持ちながらも“恋と革命のため”生きようとするかず子、麻薬中毒で破滅してゆく直治、戦後に生きる己れ自身を戯画化した流行作家上原。没落貴族の家庭を舞台に、真の革命のためにはもっと美しい滅亡が必要なのだという悲壮な心情を、四人四様の滅びの姿のうちに描く。昭和22年に発表され、“斜陽族”という言葉を生んだ太宰文学の代表作。

購入サイト

太宰治(ダザイ・オサム) プロフィール

(1909-1948)青森県金木村(現・五所川原市金木町)生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。在学中、非合法運動に関係するが、脱落。酒場の女性と鎌倉の小動崎で心中をはかり、ひとり助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が、第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

近代文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ