「子供を殺してください」という親たち 10巻

押川剛/原作、 鈴木マサカズ/漫画
配信開始日: 2021/11/09
価格:638円(税込)
バンチコミックス
青年コミック コミカライズ 実話・実録 ドキュメンタリー ヒューマンドラマ
作品カナ:コドモヲコロシテクダサイトイウオヤタチ10
シリーズ名: 「子供を殺してください」という親たち
紙書籍ISBN:978-4-10-772444-1
自称“ひきこもり”青年の真の顔とは!?
「ひきこもり」について取材に来た記者をきっかけに、押川は、以前事務所に押しかけてきた自称“ひきこもり”青年を思い出す。面倒をみた末に青年が見せた真の顔とは!? そして、女三代、旧家の娘からのSOSや、入退院を繰り返す息子の話も…。

購入サイト

押川剛(オシカワ・タケシ) プロフィール

1968年生まれ。福岡県北九州市出身。ジャーナリスト・ノンフィクション作家・株式会社トキワ精神保健事務所所長。専修大学中退、北九州市立大学卒。1996年、“説得”による「精神障害者移送サービス」を日本で初めて創始。移送後の自立・就労支援にも携わる。その活動は国内外から注目を浴び、ドキュメンタリーが多数放映される。著書に『子供部屋に入れない親たち』『「子供を殺してください」という親たち』『子供の死を祈る親たち』など。

この著者の書籍

鈴木マサカズ(スズキ・マサカズ) プロフィール

愛知県出身。京都精華大学芸術学部卒。スピリッツ増刊21(小学館)にてデビュー。著書に『無頼侍』(エンターブレイン)、『ダンダリン一◯一』(原作:田島隆/講談社)、『マトリズム』(日本文芸社)など。2024年6月現在、『「子供を殺してください」という親たち』(原作:押川剛)、『ケーキの切れない非行少年たち』(原作:宮口幸治)、『それでも、親を愛する子供たち』(原作:押川剛、作画:うえのともや)、「教育虐待 ―子供を壊す『教育熱心』な親たち」(原作:石井光太、作画:ワダユウキ)を連載中。

この著者の書籍

青年コミックのおすすめ書籍

コミカライズのおすすめ書籍

実話・実録のおすすめ書籍

ドキュメンタリーのおすすめ書籍

ヒューマンドラマのおすすめ書籍

バンチコミックスのおすすめ書籍

ページの先頭へ