書評・エッセイ

2021年1月号掲載

性愛の果ての真実

林真理子『愉楽にて』(新潮文庫)

三浦瑠麗

対象書籍名:『愉楽にて』(新潮文庫)
対象著者:林真理子
対象書籍ISBN:978-4-10-119124-9

img_202101_19_1.jpg

 豪奢な虚無というべきか、それとも人間であることの悲しみと表現すべきか。恵まれた地位にある男たちが、もてあました自我と承認欲求を性愛で満たそうとするさまを、女である林真理子氏が描く。このご時世に。それだけですでにスキャンダラスだ。
 日本社会は嫉妬に満ちているので、いわゆる成り上がり者には冷たい。それなのに、いやだからこそ、成り上がり者のどろどろとしたストーリーは人々を惹きつける。しかし、本書で描かれているのはそうした成り上がりでも権力争いでもなくて、庶民とは別世界に住む、元からのお金持ちだ。つまり、お金と暇を持て余しきった男性たちが本作の主人公である。
 人間が自由な選択肢を与えられ、暇を持て余した時にどうやって生きるのか。これは結構な難題だと思う。サラリーマンとして一家を養い、子どもを三人大学に入れるとか、持ち家を買うといった、陳腐だが分かりやすい成功のメルクマールも彼らには存在しない。お金を増やすためのビジネス上の博打にも興味がない。基本的に、銀のスプーンを咥えて生まれた彼らにとって、社会の変化は悪い方に変わるということでしかないからだ。
 分かりやすい物語を得られない人は、肥大した自我を満たすためのさまざまな工夫を必要とする。お金持ちや名家同士の狭いコミュニティに生きていれば、周りの評価に心理的な影響を受けやすく、人生の余白を埋めるための果てしない社交を必要とする。つまり、特権階級の男性たちは意外にも「女性化」するのだ。しかし、性的欲求や支配欲の形としては、彼らはあくまでも男性である。
 本作に登場する男たちは際限なく色を求める。すぐに思いつくのは源氏物語だろう。紫式部が光源氏を描くように、林真理子氏は50代男性のしばしば身勝手な行動と心理を克明に描く。浮かび上がってくるのは男の存在不安である。それは母親から自分が求める女へと向かっていく。
 性愛をめぐる淫猥で豊かな表現は、日経新聞に連載された当時からセンセーショナルだった。多くの読者を惹きつけた理由の一端でもあるだろう。男が女を惹きつけ、満足させていくさまは律儀すぎるほどだ。ありとあらゆる女をやすやすと手にし、次々に抱いていく光源氏的な存在である久坂は教養もあり、一見何不自由のない身分を楽しんでいる。彼の性愛遍歴に登場する女は徹底的に客体化されているが、年齢も美醜も多様だ。しかし、読み進めるうち、単に多くの女と寝るというだけでなくて、相手を満足させたという実感こそが、久坂の空洞を埋めているのだということに読者は気づく。ふとした瞬間に、死する運命と愛欲を抱えて生きることの悲しみがまざまざと迫ってくる。
 贅沢にさまよう男たちの相手となる女たちは、男を誘惑し夢中にさせることを至上命題とする。女なりの支配のあり方だ。恋愛に命をかけるようでいて、そのくせ保険を掛ける女。優しさと裏切り。その業が浮かび上がってくると、女たちの重量はしだいに増してくる。遊び人久坂の友人の田口は、京都で芸者の旦那になるというはじめての体験をするが、女たちは愛人も妻も母もそれぞれに手ごわく、しぶとい。決して若くない、齢を重ねた女たちが描かれているからこその深みというか凄みである。女を知り尽くした著者の目は厳しいが、一方でこだわりもない。
 男目線で客体化された女たちは、一筋縄ではいかないどころか、男を混乱の淵に追いやる力を秘めている。数多の女の中でやはり気になるのが、上海のファリンである。ファリンは並みはずれた教養と特異な美貌で田口を虜にする。上品で謎めいた彼女は、田口を性欲や情で絡めとろうとする京の芸妓よりも数段上の悪女にさえ見える。彼は背伸びをして彼女との恋愛にはまっていくが、手痛い目に合うことになる......。
 本書によって、恋愛から入る性愛よりも、性愛そのものの中にこそ真実が含まれているように感じさせられるのは、大変興味深い。一見単純な欲望にみえる性愛の方が、陳腐なストーリーに基づく恋愛よりも差異化をもたらすからであろう。
 物語の終わりは物悲しい。転々として様々な女との性愛に生きてきた久坂は、その果てに何を見るのか。結局、男は自分自身を探し求めて女たちと寝ていたのかもしれないと気づかされる頃、贅沢な虚無は幕を閉じる。

 (みうら・るり 国際政治学者)

最新の書評・エッセイ

ページの先頭へ