大江健三郎 作家自身を語る(新潮文庫)

大江健三郎/著、 尾崎真理子/聞き手・構成
配信開始日: 2015/04/03
価格:913円(税込)
新潮文庫
作家論
作品カナ:オオエケンザブロウサッカジシンヲカタルシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-112623-4
ギー兄さんとは誰か? 「セヴンティーン」と三島由紀夫、ノーベル賞の賞金の行方は? 50時間の対話で綴る「自伝」。最新作『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』をめぐるインタヴュ-他、大幅増補。
なぜ大江作品には翻訳詩が重要な役割を果たすのでしょう? 女性が主人公の未発表探偵小説は現存するのですか?──世紀を越え、つねに時代の先頭に立つ小説家が、創作秘話、東日本大震災と原発事故、同時代作家との友情と確執など、正確な聞き取りに定評のあるジャーナリストに一年をかけ語り尽くした、対話による「自伝」。最新小説『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』を巡るロング・インタヴューを増補。

購入サイト

大江健三郎(オオエ・ケンザブロウ) プロフィール

1935(昭和10)年、愛媛県生れ。東京大学文学部仏文科卒業。在学中に「奇妙な仕事」で注目され、1958年「飼育」で芥川賞を受賞。1994(平成6)年ノーベル文学賞受賞。主な作品に『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『懐かしい年への手紙』『「燃えあがる緑の木」三部作』『「おかしな二人組(スゥード・カップル)」三部作』『水死』『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』などがある。

この著者の書籍

尾崎真理子(オザキ・マリコ) プロフィール

1959(昭和34)年宮崎生れ。青山学院大学文学部卒業後、読売新聞社に入社。1992(平成4)年から文化部記者として文芸を担当する。東京本社文化部長を経て編集委員。著書に『現代日本の小説』、『大江健三郎 作家自身を語る』(大江氏との共著)、『詩人なんて呼ばれて』(谷川俊太郎氏と共著)など。2015(平成27)年『ひみつの王国 評伝 石井桃子』で芸術選奨文部科学大臣賞、新田次郎文学賞、同作品を含む執筆活動により2016年度日本記者クラブ賞を受賞。

この著者の書籍

作家論のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ