文学の淵を渡る(新潮文庫)

大江健三郎/著、 古井由吉/著
配信開始日: 2018/06/15
価格:572円(税込)
新潮文庫
評論一般 文学論 対談
作品カナ:ブンガクノフチヲワタルシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-112624-1
日本文学の最前線を半世紀にわたり走り続けてきた作家が語る、小説の過去・現在・未来。
聖なるものと優れた小説がともにもつ、明快にして難解な言葉の有り様を語り、鴎外から中上健次まで百年間の名作小説を、実作者の眼で再検証する。また、外国詩を読み、翻訳する喜びを確認し合う傍らで、自らの表現を更新するたび「+(プラス)1」を切望する、創作時の想いを明かす。日本文学の最前線を半世紀を超えて走り続けた小説家が、それぞれの晩年性(レイトネス)から文学の過去と未来を遠望する対談集。

関連記事

購入サイト

大江健三郎(オオエ・ケンザブロウ) プロフィール

1935(昭和10)年、愛媛県生れ。東京大学文学部仏文科卒業。在学中に「奇妙な仕事」で注目され、1958年「飼育」で芥川賞を受賞。1994(平成6)年ノーベル文学賞受賞。主な作品に『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『懐かしい年への手紙』『「燃えあがる緑の木」三部作』『「おかしな二人組(スゥード・カップル)」三部作』『水死』『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』などがある。

この著者の書籍

古井由吉(フルイ・ヨシキチ) プロフィール

(1937-2020)1937年東京生まれ。東京大学独文科修士課程修了。ロベルト・ムージル、ヘルマン・ブロッホらドイツ文学の翻訳を手がけたのち、1971年「杳子」で芥川賞を受賞。1980年『栖』で日本文学大賞、1983年『槿』で谷崎潤一郎賞、1987年「中山坂」で川端康成文学賞、1990年『仮往生伝試文』で読売文学賞、1997年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。『山躁賦』『眉雨』『楽天記』『野川』『辻』『白暗淵』『ゆらぐ玉の緒』『この道』ほか数多の著作を遺して、2020年2月永眠。

この著者の書籍

評論一般のおすすめ書籍

文学論のおすすめ書籍

対談のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ