美女と野獣(新潮文庫)

ボーモン夫人/著、 村松潔/訳
配信開始日: 2017/08/25
価格:539円(税込)
新潮文庫
フランス文学
作品カナ:ビジョトヤジュウシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-220086-5
時代を超えて繰り返し映像化された、想像力を刺激する仏児童文学の古典的寓話13編。
裕福な商人の末娘ベルは、とびきりの美貌と優しい心根の持ち主。ある日、父親が見るも恐ろしい野獣に捕えられると、彼女は身代わりを買って出た。ベルに恋をした野獣は、正直さに心を打たれて彼女を家族の許に返すが、喪失の悲しみに身を焦がし、命を捨てようとする。その姿を目の当たりにしたベルはある決意をする――。人生の真実を優しく伝え、時代と国を超えて愛され続ける物語13篇。

購入サイト

ボーモン夫人(Jeanne-Marie Leprince de Beaumont) プロフィール

(1711-1780)フランス、ルーアン生れ。童話作家。下級貴族の家庭に生れ、夫に従って長くイギリスに滞在しつつ、70冊もの教育的・啓蒙的な子女向け著作を遺した。主著に『こどもの雑誌』(Magasin des enfants、1756年)、『ためになる文庫』(Bibliotheque instructive、1760年)、『十四世紀逸話集』などがある。

この著者の書籍

村松潔(ムラマツ・キヨシ) プロフィール

1946年、東京生まれ。訳書にイアン・マキューアン『ソーラー』『初夜』『甘美なる作戦』『未成年』『憂鬱な10か月』、シーグリッド・ヌーネス『友だち』、ジョン・バンヴィル『いにしえの光』、T・E・カーハート『パリ左岸のピアノ工房』、エクトール・マロ『家なき子』、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』、ボーモン夫人『美女と野獣』など。

この著者の書籍

フランス文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ