「在宅ホスピス」という仕組み(新潮選書)

山崎章郎/著
配信開始日: 2018/09/14
価格:1,144円(税込)
新潮選書
ノンフィクション一般 社会 看護学
作品カナ:ザイタクホスピストイウシクミシンチョウセンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-603824-2
最期は自分の家で、自分らしく逝きたい!
2025年、団塊の世代が75歳を超える7年後には年間100万人の介護者と150万人の病死者が日常となる。病院のベッドは不足し、「死に場所難民時代」がやって来る。自宅で最期を迎えることが当たり前になる時、本人と家族は何を知っておくべきか。終末医療の第一人者による、慣れ親しんだ場所で尊厳ある死を迎えるための教科書。

関連記事

購入サイト

山崎章郎(ヤマザキ・フミオ) プロフィール

1947年、福島県出身。緩和ケア医。1975年千葉大学医学部卒業、同大学病院第一外科、国保八日市場(現・匝瑳)市民病院消化器科医長を経て、1991年聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長。1997年~2022年3月聖ヨハネホスピスケア研究所所長を兼任。2005年在宅診療専門診療所(現・在宅療養支援診療所)ケアタウン小平クリニックを開設し、訪問診療に従事している。日本ホスピス緩和ケア協会監事。日本死の臨床研究会顧問、認定NPO法人コミュニティケアリンク東京・理事長。著書に『病院で死ぬということ』(主婦の友社、文春文庫)、『続・病院で死ぬということ』(同)、『家で死ぬということ』(海竜社)、『「在宅ホスピス」という仕組み』(新潮選書)など。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

看護学のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ