「ヨン様」とは何か――『冬のソナタ』覚書(新潮アーカイブズ)

四方田犬彦/著
配信開始日: 2005/10/14
価格:110円(税込)
新潮eBooklet
エッセイ・随筆 芸能・エンターテイメント
作品カナ:ヨンサマトハナニカフユノソナタオボエガキ
少女漫画や村上春樹作品との関係、『美しき日々』との根本的な違い―韓国の映像文化を誰よりも知る筆者による『冬ソナ』徹底分析。
「ヨン様」とは何か――『冬のソナタ』覚書(新潮アーカイブズ)

『冬のソナタ』が日本で圧倒的な「韓流ブーム」を巻き起こしたのは、実はこのドラマに「韓国的なるもの」が欠落しているからである――。同時代の韓国映画との比較、日本の少女漫画や村上春樹作品との関係、韓国の戦後史やインターネット掲示板の影響にも光を当てながら、長年にわたって韓国の映像文化を観察し続けてきた四方田犬彦氏が徹底分析する。『冬ソナ』のあらすじもわかります。

購入サイト

四方田犬彦(ヨモタ・イヌヒコ) プロフィール

1953年大阪府箕面生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を学ぶ。エッセイスト、批評家、詩人。文学、映画を中心に、多岐にわたる今日の文化現象を論じる。明治学院大学、コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学、中央大学校(ソウル)、清華大学(台湾)などで、映画史と日本文化論の教鞭をとった。著書は150冊に及ぶ。『映画史への招待』でサントリー学芸賞を、『モロッコ流謫』で伊藤整文学賞を、『翻訳と雑神』『日本のマラーノ文学』で桑原武夫学芸賞を、『ルイス・ブニュエル』で芸術選奨文部科学大臣賞を受けた。詩集に『人生の乞食』『わが煉獄』が、訳書に『パゾリーニ詩集』などがある。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

芸能・エンターテイメントのおすすめ書籍

新潮eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ