贈られた手―家族狩り 第三部―(新潮文庫)

天童荒太/著
配信開始日: 2021/01/15
価格:572円(税込)
新潮文庫
文芸一般 ミステリ
作品カナ:オクラレタテカゾクガリダイサンブシンチョウブンコ
シリーズ名: 家族狩り
紙書籍ISBN:978-4-10-145714-7
砂まじりの風が吹きつけている。でも、あなたは歩き続ける。世界を撃ちぬく傑作。第三巻。
ピエロ。浚介は、生徒たちからそう呼ばれていたのだという。ふたつの事件を経て、虚無に閉ざされていた彼の心に変化が訪れていた。ピエロ。馬見原は今そう見えるだろう。冬島母子を全身全霊で守っているにもかかわらず、妻や娘との関係は歪んだままだから。また一つ家族が失われ、哀しみの残響が世界を満たす。愛という言葉の持つさまざまな貌と、かすかに見える希望を描く、第三部。

関連記事

購入サイト

天童荒太(テンドウ・アラタ) プロフィール

1960(昭和35)年、愛媛県生れ。1986年、「白の家族」で野性時代新人文学賞を受賞。映画の原作、脚本を手がけたのち、1993(平成5)年、『孤独の歌声』が日本推理サスペンス大賞優秀作となる。1996年、『家族狩り』で山本周五郎賞を受賞。2000年、『永遠の仔』で日本推理作家協会賞を受賞。2009年、『悼む人』で直木賞を受賞。2013年、『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞する。他に『あふれた愛』『包帯クラブ』『静人日記』『ムーンナイト・ダイバー』『ペインレス』『巡礼の家』『迷子のままで』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

ミステリのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ