峠(下)(新潮文庫)

司馬遼太郎/著
配信開始日: 2015/06/05
価格:737円(税込)
新潮文庫
歴史小説−近世
作品カナ:トウゲ03シンチョウブンコ
シリーズ名: 峠
紙書籍ISBN:978-4-10-115242-4
維新史上もっとも壮烈な北越戦争に散った最後の武士!
開明論者であり、封建制度の崩壊を見通しながら、継之助が長岡藩をひきいて官軍と戦ったという矛盾した行動は、長岡藩士として生きなければならないという強烈な自己規律によって武士道に生きたからであった。西郷・大久保や勝海舟らのような大衆の英雄の蔭にあって、一般にはあまり知られていない幕末の英傑、維新史上最も壮烈な北越戦争に散った最後の武士の生涯を描く力作長編。

購入サイト

司馬遼太郎(シバ・リョウタロウ) プロフィール

(1923-1996)大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。1993(平成5)年には文化勲章を受章。“司馬史観”とよばれる自在で明晰な歴史の見方が絶大な信頼をあつめるなか、1971年開始の『街道をゆく』などの連載半ばにして急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

この著者の書籍

歴史小説−近世のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ