異邦人(新潮文庫)

カミュ/著、 窪田啓作/訳
配信開始日: 2021/12/28
価格:605円(税込)
新潮文庫
フランス文学
作品カナ:イホウジンシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-211401-8
人間らしくホンネで生きていくことって本当は、非常識なことかもしれないな。
母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、理性や人間性の不合理を追求したカミュの代表作。(解説・白井浩司)

購入サイト

カミュ(Camus,Albert) プロフィール

(1913-1960)アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。

この著者の書籍

窪田啓作(クボタ・ケイサク) プロフィール

フランス文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ