いちまき―ある家老の娘の物語―

中野翠/著
配信開始日: 2016/03/04
価格:1,232円(税込)
単行本
ノンフィクション一般
作品カナ:イチマキアルカロウノムスメノモノガタリ
紙書籍ISBN:978-4-10-419302-8
曾祖母が江戸家老の娘だったなんて! 自らの一族の流転の歴史を辿る。
まさか私がルーツ探索にはまるとは。父の遺品整理で曾祖母が遺した手記を見つけ、ファミリーヒストリーを探る旅が始まった。桜田門、関宿、沼津、青山、佐倉、上野、浅草。幕末の戊辰戦争の逃避行に始まる一族の歴史を調べていくと、いつしか先祖が身近に感じられ、はるかな子孫の私に繋がってきた。自らのルーツを辿る感動の物語。※単行本に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。

関連記事

購入サイト

中野翠(ナカノ・ミドリ) プロフィール

1946年生まれ。埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、出版社勤務などを経て文筆業に。1985年より「サンデー毎日」誌上で連載コラムの執筆を開始、2020年11月現在まで続く。著書に『小津ごのみ』『アメーバのように。私の本棚』『今夜も落語で眠りたい』『この世は落語』『歌舞伎のぐるりノート』『いちまき ある家老の娘の物語』『あのころ、早稲田で』『だから、何。』など多数ある。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ