ジャングル・ブック(新潮文庫)

ラドヤード・キプリング/著、 田口俊樹/訳
配信開始日: 2016/12/23
価格:605円(税込)
新潮文庫
イギリス文学
作品カナ:ジャングルブックシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-220061-2
オオカミに育てられた少年は成長しジャングルの主となった。英国作家の名作が新訳に。
森の洞穴に現れた人間の赤ちゃんは、母オオカミ・ラクシャに預けられて、オオカミの群れの中で育てられた。その少年モウグリを主人公に、ヒグマのバルーと黒ヒョウのバギーラ、モウグリをさらったサル族、岩ニシキヘビで知恵者のカー、人間を恨みモウグリの命を奪おうとするトラのシア・カーンなど、「ジャングルの掟」とともに厳しく生きる者たちを描く永遠の名作、新訳で復活!

購入サイト

ラドヤード・キプリング(Kipling,Rudyard) プロフィール

(1865-1936)英国の小説家、詩人。大英帝国統治下のボンベイ生れ。早くからインドのジャーナリズムで活躍、世界を広く旅した。1907年にはノーベル文学賞を受賞。代表作に『人生の悪条件』『ジャングル・ブック』『キムの冒険』、詩集に『兵営のうた』『七つの海』『退場の歌』がある。

この著者の書籍

田口俊樹(タグチ・トシキ) プロフィール

1950年、奈良市生れ。早稲田大学卒業。“マット・スカダー・シリーズ”をはじめ、『チャイルド44』『パナマの仕立屋』『神は銃弾』『卵をめぐる祖父の戦争』『ABC殺人事件』『偽りの楽園』など訳書多数。著書に『おやじの細腕まくり』『ミステリ翻訳入門』。さらにフェロー・アカデミー講師として後進の育成にあたっている。

この著者の書籍

イギリス文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ