天国はまだ遠く(新潮文庫)

瀬尾まいこ/著
配信開始日: 2008/03/28
価格:407円(税込)
新潮文庫
文芸一般 純文学 恋愛・ロマンス
作品カナ:テンゴクハマダトオクシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-129771-2
加藤ローサ、徳井義実(チュートリアル)主演の映画原作。もう、これ以上あの日々を続けることには耐えられない。睡眠薬を飲んだ私は、布団に入り固く眼を閉じた――。
加藤ローサ、徳井義実(チュートリアル)主演の映画原作。もう、これ以上あの日々を続けることには耐えられない。上司のお小言。同僚の嫌味。毎日の生活。これを飲めば、あの日々から解放されるのだ。それを思えば、死ぬことなんて怖くない。そう言い聞かせ、睡眠薬を飲んだ私は、布団に入り固く眼を閉じた――。が、目覚めは爽快。やばい。すごくやばい。しくじってしまった。自殺は失敗だ!! どうすればいいんだろう……!? 無器用にしか生きられないあなたに贈る清爽な旅立ちの物語。

購入サイト

瀬尾まいこ(セオ・マイコ) プロフィール

1974(昭和49)年、大阪府生れ。大谷女子大学国文科卒。2001(平成13)年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年、単行本『卵の緒』で作家デビュー。2005年、『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞、2008年、『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞、2019年、『そして、バトンは渡された』で本屋大賞を受賞する。他の作品に『天国はまだ遠く』『あと少し、もう少し』などがある。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

純文学のおすすめ書籍

恋愛・ロマンスのおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ