いっぽん桜(新潮文庫)

山本一力/著
配信開始日: 2021/04/16
価格:605円(税込)
新潮文庫
時代小説
作品カナ:イッポンザクラシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-121341-5
突然「定年」を言い渡された番頭が、一本の桜に込めたのは、娘への思いだった……。人情時代小説の決定版!
仕事ひと筋で、娘に構ってやれずにきた。せめて嫁ぐまでの数年、娘と存分に花見がしたい。ひそかな願いを込めて庭に植えた一本の桜はしかし、毎年咲く桜ではなかった。そこへ突然訪れた、早すぎる「定年」……。陽春の光そそぐ桜、土佐湾の風に揺れる萩、立春のいまだ冷たい空気に佇むすいかずら、まっすぐな真夏の光のもとで咲き誇るあさがお。花にあふれる人情を託した四つの物語。(解説・川村湊)

購入サイト

山本一力(ヤマモト・イチリキ) プロフィール

1948(昭和23)年高知県生れ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、様々な職を経て、1997(平成9)年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。2002年、『あかね空』で直木賞を受賞。著書に『損料屋喜八郎始末控え』『欅しぐれ』『だいこん』『銭売り賽蔵』『かんじき飛脚』『銀しゃり』『研ぎ師太吉』『いすゞ鳴る』『人情屋横丁』『くじら組』『八つ花ごよみ』『おたふく』『べんけい飛脚』『千両かんばん』『紅けむり』「ジョン・マン」シリーズ他多数。

この著者の書籍

時代小説のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ