田辺聖子の古典まんだら(下)

田辺聖子/著
配信開始日: 2011/07/29
価格:1,232円(税込)
単行本
文学論 文芸一般
作品カナ:タナベセイコノコテンマンダラ2
紙書籍ISBN:978-4-10-313430-5
古典は、いつの世でも実はいちばん新しい。
女でも男と対等の生活をしたいという夢を描いた『とりかへばや物語』。女手だからこそ子を失った悲しみを綴ることのできた紀貫之。おませな少女の会話をリアルに描いた『浮世床』。『古事記』『万葉集』から『枕草子』『平家物語』『徒然草』、さらに江戸文学まで、古典をこよなく愛する田辺聖子が、その魅力を縦横無尽に語る。

購入サイト

田辺聖子(タナベ・セイコ) プロフィール

(1928-2019)1928(昭和3)年、大阪生れ。樟蔭女専国文科卒業。1964年『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)』で芥川賞、1987年『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、1993(平成5)年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を、1994年菊池寛賞を受賞。また1995年紫綬褒章、2008年文化勲章を受章。小説、エッセイの他に、古典の現代語訳ならびに古典案内の作品も多い。

この著者の書籍

文学論のおすすめ書籍

文芸一般のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ