カラマーゾフの兄弟(中)(新潮文庫)

ドストエフスキー/著、 原卓也/訳
配信開始日: 2016/07/29
価格:924円(税込)
新潮文庫
ロシア文学
作品カナ:カラマーゾフノキョウダイ02シンチョウブンコ
シリーズ名: カラマーゾフの兄弟
紙書籍ISBN:978-4-10-201011-2
19世紀中期、無神論が横行する混乱期のロシア社会。長兄ドミートリイは、父親殺しの容疑者として連行される。
19世紀中期、価値観の変動が激しく、無神論が横行する混乱期のロシア社会の中で、アリョーシャの精神的支柱となっていたゾシマ長老が死去する。その直後、遺産相続と、共通の愛人グルーシェニカをめぐる父フョードルと長兄ドミートリイとの醜悪な争いのうちに、謎のフョードル殺害事件が発生し、ドミートリイは、父親殺しの嫌疑で尋問され、容疑者として連行される。

購入サイト

ドストエフスキー(Фёдор М.Достоевский) プロフィール

(1821-1881)19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠。父はモスクワの慈善病院の医師。1846年の処女作『貧しき人びと』が絶賛を受けるが、1849年、空想的社会主義に関係して逮捕され、シベリアに流刑。この時持病の癲癇が悪化した。出獄すると『死の家の記録』等で復帰。1861年の農奴解放前後の過渡的矛盾の只中にあって、鋭い直観で時代状況の本質を捉え、『地下室の手記』を皮切りに『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』等、「現代の予言書」とまでよばれた文学を創造した。

この著者の書籍

原卓也(ハラ・タクヤ) プロフィール

ロシア文学のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ