新着 近親殺人―家族が家族を殺すとき―(新潮文庫)

石井光太/著
配信開始日: 2024/01/29
価格:693円(税込)
新潮文庫
ノンフィクション一般
作品カナ:キンシンサツジンカゾクガカゾクヲコロストキシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-132541-5
介護、虐待、貧困、引きこもり――。他人事ではない7つの事件が問いかける家族の真実。
日本の殺人事件の半数が、家族を主とした親族間で起きている。「まじ消えてほしいわ」と罵倒し、同居していた病弱な母親を放置、餓死させた姉妹。夫の愛情を独占すると憎しみをつのらせ、我が子をマンションの高層階から突き落とした母親。人はどんな理由から最も大切な存在であった家族を殺すのか。事件が起こる家庭とそうでない家庭とでは何が違うのか。7つの事件が炙り出す、家族の真実。

関連記事

購入サイト

石井光太(イシイ・コウタ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。2021(令和3)年『こどもホスピスの奇跡』で新潮ドキュメント賞を受賞。主な著書に『絶対貧困』『遺体』『「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち』『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層』『近親殺人―家族が家族を殺すとき』などがある。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ