うかれ女島(新潮文庫)

花房観音/著
配信開始日: 2020/12/23
価格:737円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ウカレメジマシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-120584-7
船が男たちを運び、女たちの夜が始まる――「売春島」の娼婦だった母の死と、四人の女の秘密。
お前の母親は淫売や――大和が小学生の時、母親は飛田新地から売春島に渡った。以来絶縁し二十年。島で娼婦、女衒として生きた母は、溺死体となって発見された。遺されたのは、四人の女の名前が書かれたメモ。保育所経営者、主婦、一流企業の会社員、女優……皆、島で体を売った過去があった。そのうちの一人に誘われ、大和は島へ向かう。母の死と女たちの秘密とは。衝撃の売春島サスペンス。(解説・酒井順子)

関連記事

購入サイト

花房観音(ハナブサ・カンノン) プロフィール

1971年兵庫県生れ。京都女子大学文学部中退後、映画会社や旅行会社などの勤務を経て、2010年に「花祀り」で団鬼六賞大賞を受賞しデビュー。2021年8月現在も京都でバスガイドを務める。著書に『寂花の雫』『花祀り』『萌えいづる』『女坂』『楽園』『指人形』『女の庭』『好色入道』『偽りの森』『花びらめくり』『くちびる遊び』『ゆびさきたどり』『うかれ女島』『どうしてあんな女に私が』『秘めゆり』『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』『色仏』など多数。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ