うん古典―うんこで読み解く日本の歴史―

大塚ひかり/著
配信開始日: 2021/04/28
価格:1,705円(税込)
単行本
評論一般 文学論 エッセイ・随筆 日本史
作品カナ:ウンコテンウンコデヨミトクニホンノレキシ
紙書籍ISBN:978-4-10-335094-1
うんこから神が生まれる『古事記』『日本書紀』以来、日本の古典はうんこだらけ!?
『万葉集』にうんこの歌があるのはなぜ? 王朝文学にうんこ話が多いのは背景に浄土思想があったとは!? トイレのマナーに細かく、きびしかった道元――色恋も厳粛な気分もぶち壊す破壊力と新たな生命を生み出す創造力をあわせもつうんこ。笑撃のパワーをもつうんこを通じて日本文化の深淵に迫る抱腹の歴史エッセイ。

関連記事

購入サイト

大塚ひかり(オオツカ・ヒカリ) プロフィール

1961年横浜市生まれ。古典エッセイスト。早稲田大学第一文学部日本史学専攻。『ブス論』、個人全訳『源氏物語』全六巻(以上、ちくま文庫)、『本当はエロかった昔の日本』(新潮文庫)、『女系図でみる驚きの日本史』『毒親の日本史』(以上、新潮新書)、『くそじじいとくそばばあの日本史』(ポプラ新書)など著書多数。

この著者の書籍

評論一般のおすすめ書籍

文学論のおすすめ書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

日本史のおすすめ書籍

単行本のおすすめ書籍

ページの先頭へ